SUPERSONIC 2021

LIVE REPORT

Clean Bandit

  • 今回はJack Pattersonのみの来日でDJ SETでの出演となったClean Banditだが、蓋を開けてみればゲストボーカルを交えたなんとも豪華なステージに。「Solo」や「Rockabye」など次々にヒット曲をプレイする中で、DJをしながらドラムパッドを叩き、ともに歌うJack。いつものClean Banditに引けをとらないパワフルなステージが繰り広げられるなか、最大の見せ場は「Real Love」からの「Symphony」。誰もが合唱したいところをグッと堪えて手を上げるオーディエンスの姿に思わずJackも「ビューティフル」と感嘆の声が。そして最後は「Rather Be」でみんなが1つに。