SUPERSONIC 2021

LIVE REPORT

AURORA

  • 約1年半ぶりの海外アーティストのステージ、その先陣を切ったのはコロナ禍前には世界中のビッグフェスに出演し軒並み大好評、新世代歌姫との呼び声高いAURORA。来日後の隔離期間中は日本のアニメ三昧だったという大の親日家の彼女。キュートな日本語でのMCに誰もが頬を緩めていたが、歌い始めれば空気は一転。オーディエンスは彼女の美しい歌声に聴き惚れるばかり。そんなAURORAの登場にいつしか風雨も和らぎ、雲の隙間から光が差し込む中、バンドの生演奏のもと「A Different Kind Of Human」を皮切りに「Cure For Me」や「Murder Song (5, 4, 3, 2, 1) 」、そして「Runaway」や「Running With The Wolves」などその歌声をたっぷりと披露。時に大きなステージを裸足で駆け巡り、時にアコースティックで感情豊かに歌い上げる、まるで天使のような姿に誰もが魅了されていた。