SUPERSONIC 2021

LIVE REPORT

SKY-HI

  • BE:FIRSTの初ステージに続くは、彼らを見出した稀代のエンターテイナーSKY-HI。「何様」からカニエ・ウエスト「Power」、ビースティ・ボーイズ「Ch-Check It Out」に自身の楽曲のリリックを乗せる大技で一気にオーディエンスを引きつけ、さらには「I Think,I Sing,I Say」でヒップホップやカルチャーへの愛、希望、そして信念など熱い想いをフリースタイルで吐露。その後も「Mr,psycho」や「Dive To World」、「Snatchaway」などを次々に披露しつつ、MCではオーディエンスへの感謝、そして音楽・エンターテインメントの力、未来を語り続け、その真摯な思いにオーディエンスも共鳴。最後はBE:FIRSTもカバーした新たな道のりへの一歩を描いた「To The First」。オリジナルのスペシャリティを見せつけた。