SUPERSONIC 2021

LIVE REPORT

Opening Act: BE:FIRST

  • 「SUPERSONIC 2021」の記念すべきオープニングアクトを務めたのは、SKY-HI主催のオーディション「THE FIRST」から生まれた7人組ダンス&ボーカルユニットBE:FIRST。初のライブとあって会場には多くのファンが駆けつけ、歓声に代わる大きな拍手のもと登場した彼らは「THE FIRST」のテーマソングであり課題曲でもあった「To The First」を披露。続いて同じく課題曲だった「Move On」と「Be Free」のBE:FIRSTバージョンをパフォーマンスした。熾烈を極めたオーディションを勝ち抜いてきただけあって、その実力は折り紙付き。初のステージとは思えない堂々としたパフォーマンスでファンの視線を釘付けに。そして、ラストは彼らのプレデビュー曲であり、公開2週間でMVの再生回数1,000万回を突破した「Shining One」で個々のスキル、オリジナリティを存分に発揮。